ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

宿泊施設バリアフリー化支援補助金

東京都及び(公財)東京観光財団では、東京を訪れる高齢者や障害のある方などに、安全かつ快適に過ごしていただけるよう、バリアフリー化に取り組む宿泊事業者に対し、施設整備等に要する経費の一部を補助します。

このたび、より多くの取組を支援するため、補助率・補助限度額を引き上げるなど、支援内容を拡充しました。この機会にぜひご活用ください。

1 補助対象者

都内の民間宿泊事業者等

2 補助対象経費

バリアフリー化を推進するための、施設整備や備品購入及びコンサルティングに要する経費

3 補助額

補助対象施設が行う改修等の規模によって、以下の額を限度とします。

改修規模1,000m2未満

(1)バリアフリー化整備事業(施設整備) 2/3 ・ 3,000万円

(2)ユニバーサルデザインルームの改修(施設整備) 2/3 ・ 4,200万円

(3)バリアフリー化整備事業(備品購入) 2/3 ・ 270万円

(4)コンサルティング 2/3 ・ 34万円

改修規模1,000m2以上

(1)バリアフリー化整備事業(施設整備) 1/2 ・ 2,000万円

(2)ユニバーサルデザインルームの改修(施設整備) 1/2 ・ 2,800万円

(3)バリアフリー化整備事業(備品購入) 1/2 ・ 200万円

(4)コンサルティング 2/3 ・ 34万円

※1,000m2以上の改築等について、法令・条例で定める設置基準を上回る整備を実施する場合に限ります。詳細は、申請の手引き5ページをご確認ください。

4 募集期間

平成30年4月19日(木曜日)から平成31年2月14日(木曜日)まで

※ 郵送の場合、当日消印有効です。

※ 補助金申請額が予算額に達した時点で受付を終了します。受付終了の場合は、東京観光財団ホームページにてお知らせいたします。

5 申請方法

必要事項をご記入の上、郵送又は持参により、提出してください。

※ 下記のファイルをダウンロードしてご利用ください。

6 申請先

持参の場合

(公財)東京観光財団地域振興部観光インフラ整備課

※ 交通案内図はこちらをご参照ください。

郵送の場合

〒162-0801 東京都新宿区山吹町346番地6 日新ビル2階

(公財)東京観光財団地域振興部観光インフラ整備課 宛

7 ダウンロードファイル

申請様式

  1. 第1号様式 (第7条関係) 交付申請書
  2. 第1号様式別紙1 補助事業計画書 (コンサルティング事業用)
  3. 第1号様式別紙2 補助事業計画書 (施設整備事業・備品購入事業用(改修等に係る面積が1,000m2未満))
  4. 第1号様式別紙3 補助事業計画書 (施設整備事業・備品購入事業用(改修等に係る面積が1,000m2以上))
  5. 第2号様式 (第7条関係) 誓約書
  6. 第4号様式 (第11条関係) 補助事業変更・中止申請書
  7. 第4号様式別紙1 補助事業変更計画書(コンサルティング事業用)
  8. 第4号様式別紙2 補助事業変更計画書(施設整備事業・備品購入事業用(改修等に係る面積が1,000m2未満))
  9. 第4号様式別紙3 補助事業変更計画書(施設整備事業・備品購入事業用(改修等に係る面積が1,000m2以上))
  10. 第6号様式 (第12条関係) 補助遅延等報告書
  11. 第7号様式 (第15条関係) 実績報告書
  12. 第7号様式別紙1 実績報告書 (コンサルティング事業用)
  13. 第7号様式別紙2 実績報告書 (施設整備事業・備品購入事業用(改修等に係る面積が1,000m2未満))
  14. 第7号様式別紙3 実績報告書 (施設整備事業・備品購入事業用(改修等に係る面積が1,000m2以上))
  15. 第9号様式 (第18条関係) 請求書
  16. 第10号様式 (第26条関係) 財産処分承認申請書

[事業者向け支援事業]へ戻る

お問い合わせ

  • 事業全般について
    東京都産業労働局観光部受入環境課
    電話:03-5320-4881
  • 申請方法等について ※補助金の相談に来所されたい場合は、事前にご連絡ください。
    (公財)東京観光財団地域振興部観光インフラ整備課
    電話:03-5579-8463

「2020年に向けた実行プラン」事業

本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。

スマートシティ
政策の柱7 世界に開かれた国際・観光都市

本件は、「ホストシティ Tokyo プロジェクト」に係る事業です。

「カテゴリー : 魅力発信 ( 観光 ・ 文化 ・ シティセールス )
プロジェクト名 : 誰にも優しい滞在環境の整備」